オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2022年5月

実用・東洋医学:胃腸かぜ5

「漢方薬」吐き気が強く、水を飲んでも吐いたり、下痢をする場合、五苓散ごれいさん❴吐き下しに効果❵や、黄連解毒湯おうれんげどくとう❴胃腸の炎症を取り除く❵、合わせた黄連解毒湯合五苓散おうれんげどくとうごうごれいさんが適しています。また、平胃散へいいさん❴腹部膨満感を解消させて吐き下しに効果❵なども適します。吐き気がなく、下痢や胃痛、食欲不振が主な症状の胃腸かぜには、胃腸炎を抑える半夏瀉心湯はんげしゃしんとう。胃腸の水分代謝を改善させる六君子湯りっくんしとう。胃弱で、冷えると下痢、足がふらふらする方は、胃腸を温める人参湯にんじんとうが適してます。

ツボ紹介:横骨 おうこつ

足の少陰腎経のツボで、下腹部、おヘソから5〜7指下で、0.5〜1指外側に取ります。主治として、陰部痛、月経障害、精力減退、遺精、勃起不全、遺尿、排尿障害、鼠径部痛。効能として、気のめぐりを改善し、痛みを止める。体内の熱を冷まし、余分な水分を出します。

トリガーゾーン治療:長掌筋

長掌筋を押してみて、下記症状と同じ関連痛が再現されたら、長掌筋を治療する事で、下記症状の痛みを改善させます。 記
C前腕前面の痛み、C手掌の痛み。【A>Cなので、それぞれ症状のAのものから治療優先の筋肉トリガーとなります。】〈参考〉長掌筋:日常動作は、手首を曲げる。肘関節を曲げる。ボールを投げる。(起始)上腕骨の内側上顆
(停止)手掌腱膜。

実用・東洋医学:胃腸かぜ4

「養生」体力のない方は、嘔吐や下痢が続くと体力が消耗して、脱水症状を起こしやすくなります。症状がひどい場合は、絶食して水分補給に専念する。まずは安静にして、体を温めます。症状が落ち着いてきても胃腸はまだ弱っています。スープや重湯から始め、お粥、ご飯と徐々に戻しましょう。お粥の段階で、消化の良い白身魚、野菜を軟らかく煮たものなどを摂り、栄養を補いましょう。

ツボ紹介:淵腋 えんえき

足の少陽胆経のツボで、側胸部、第4肋間の脇線上に取ります。主治として、悪寒発熱、胸満、胸痛、脇の腫れ、上腕痛、肋間神経痛。効能として、胸のつかえを取り除き、気のめぐりを改善する。腫れを抑え、痛みを止めます。

トリガーゾーン治療:円回内筋

円回内筋を押してみて、下記症状と同じ関連痛が再現されたら、円回内筋を治療する事で、下記症状の痛みを改善させます。 記
B前腕前面の痛み。【A>Bなので、症状のAのものから治療優先の筋肉トリガーとなります。】〈参考〉円回内筋:日常動作は、飲み物をコップに注ぐ。容器のフタを回して開ける。(起始)上腕骨の内側上顆尺骨の上部突起
(停止)橈骨の外側面中央より上側。 フタを開ける働き。

実用・東洋医学:胃腸かぜ3

かぜで下痢や胃痛、食欲不振を起こしみぞおちにつかえ感がある場合は、胃腸の炎症を抑えて改善させます。胃に余分な水分が溜まり、ポチャポチャと音がする「胃内停水」がある時は、胃腸の水分代謝を改善して治します。また、胃腸の冷えが原因で胃腸かぜを起こしているときは、冷えを取り去る方法で改善させます。

ツボ紹介:会陽 えよう

足の太陽膀胱経のツボで、殿部、尾骨の下端からほぼ0.5〜1指外側に取ります。主治として、おりもの、勃起不全、下痢、血便、痔疾、腰痛、会陰痛。効能として、腎の機能を高め、おりものを止めたり、尿や便の排泄を改善させます。

トリガーゾーン治療:上腕筋

上腕筋を押してみて、下記症状と同じ関連痛が再現されたら、上腕筋を治療する事で、下記症状の痛みを改善させます。 記
A肘の痛み、E母指の痛み。【A>Eなので、それぞれ症状のAのものから治療優先の筋肉トリガーとなります。】〈参考〉上腕筋:日常動作は、肘を曲げる。物を持つ。ダンベルを上げる。(起始)上腕骨の前面遠位半分
(停止)尺骨粗面。前腕を曲げる働き。

実用・東洋医学:胃腸かぜ2

東洋医学では、細菌性かウイルス性かを特定するまでもなく、症状によって治療薬を選ぶので、「吐き下しする」場合と、「下痢だけ」の場合の二つに分けて考えます。「吐き下しする」場合、水を飲んだだけでも吐く症状が続き、吐き下しが同時に起こる場合、水分代謝を改善し、嘔吐を解消させる事で治していきます。嘔吐する時は、漢方薬も同時に吐く為、漢方薬を回数を重ねゆっくり服用します。ただし、吐いた方が楽な場合は、吐き気を止めずに、吐いてしまいましょう。