ブログ|木乃スマイル鍼灸指圧院

オフィシャルブログ

ツボ紹介:会宗 えそう

手の少陰三焦経のツボで、前腕の後面、手首の背側横紋から3〜4指上の中央小指側凹み際に取ります。主治として、難聴、てんかん、上肢麻痺、皮膚の痛み、腱鞘炎。効能として、耳の機能を改善する。鎮静にして痙攣を鎮めます。

トリガーゾーン治療:上後鋸筋

上後鋸筋を押してみて、下記症状と同じ関連痛が再現されたら、上後鋸筋を治療する事で、下記症状の痛みを改善させます。D内側上顆の痛み、D肘の痛み、G手背の痛み。【A>Gなので、それぞれ症状のAのものから治療優先の筋肉トリガーとなります。】〈参考〉上後鋸筋:日常動作は、日常生活、スポーツ動作全般においての呼吸サポート。(起始)項靭帯、第7頚椎〜第3胸椎の棘突起
(停止)第2〜5肋骨上縁。 紙のように薄い筋肉です。

実用・東洋医学:胃腸かぜ1

胃腸かぜは現代医学では感染性胃腸炎や、嘔吐下痢症となります。病原性大腸菌などの細菌性と、ノロウイルスなどのウイルス性があります。ノロウイルスの感染源の多くは、カキやシジミなどの二枚貝といわれています。患者さんの吐いたものや便の中のウイルスに触れ起こる経口感染です。胃腸かぜにかかると、嘔吐を繰り返し、水溶性の下痢が何度となく起こります。2へ続きます。

ツボ紹介:液門 えきもん

手の少陽三焦経のツボで、手背、薬指と小指の間で、水かきの上方くぼみに取ります。主治として、頭痛、目の充血、難聴、のどの痛み、マラリア、掌指関節痛。効能として、体内の熱を冷まして、耳の聞こえを良くしたり、視力を回復させる。表熱を冷まし、邪気を除く。

トリガーゾーン治療:肘筋

肘筋を押してみて、下記症状と同じ関連痛が再現されたら、肘筋を治療する事で、下記症状の痛みを改善させます。 記
D外側上顆の痛み。【A>Dなので、症状のAのものから治療優先の筋肉トリガーとなります。】〈参考〉肘筋:日常動作は、物を押す動作。砲丸投げ。(起始)上腕骨の外側上顆
(停止)尺骨の肘頭・橈側面。

実用・東洋医学:咳・痰7

「食養」アレルギー性のものは食べ物の影響が強く出ます。甘いものや、刺激の強い香辛料、サバ、カニ、エビ、タケノコ、モチゴメなどは症状を悪化させます。咳や痰に良いのは、ダイコンやユリ根。ダイコンは、輪切りにして、水飴やハチミツに2.3日漬けて、その汁を飲みます。ユリ根は、3株を2カップの水で半分になるまで煮詰め塩で味付けして飲むと良いです。神経が緊張して出る咳には、シソです。生で食べても、乾燥させた葉を煎じて飲むと効果があります。

ツボ紹介:会陰 えいん

妊脈のツボで、会陰部、泌尿器と肛門の中点に取ります。主治として、溺水窒息、意識障害、精神不安、小児のひきつけ、大小便不利、痔疾、陰部痛。効能として、意識をはっきりとさせて蘇生させる。便と尿の出を良くします。✳頻尿でお困りの方は、会陰活用の効果方法あります。ぜひご相談くださいね☺️

トリガーゾーン治療:腕橈骨筋

腕橈骨筋を押してみて、下記症状と同じ関連痛が再現されたら、腕橈骨筋を治療する事で、下記症状の痛みを改善させます。A前腕前面の痛み、C外側上顆の痛み、D母指の痛み。【A>Dなので、それぞれ症状のAのものから治療優先の筋肉トリガーとなります。】〈参考〉腕橈骨筋:日常動作は、飲み物をコップに注ぐ動作。容器のフタを開ける動作。野球のスイング、バトミントンのスマッシュ動作。(起始)上腕骨前面の遠位半分
(停止)尺骨粗面。

実用・東洋医学:咳・痰6

「ツボ紹介」上半身の乾布摩擦もお勧めです。咳に効く、背中の身柱しんちゅう、肺兪はいゆや、手首の経渠けいきょ。手首〜肘までマッサージするのも良いでしょう。また、咳が出るとき、みぞおちの下辺りが、硬くなっている部分があります。そこを指で脇に向けてゆっくりマッサージするのも効果があります。

ツボ紹介:翳風 えいふう

手の少陽三焦経のツボで、前頚部、耳たぶの後方で、乳様突起下端前方のくぼみに取ります。主治として、難聴、顔面神経麻痺、頬の腫れ、頚部リンパ節結核、三叉神経痛。効能として、風邪を除き、歪みを治す。熱を冷まし、腫れを抑える。耳の聞こえを良くします。